基本のき

トップ > 基本のき > 基本のき~自営業編~

基本のき ご存知ですか?裁判員制度 ~自営業編~

「裁判員制度」とは、殺人、放火など重大犯罪の刑事裁判に市民を参加させ、裁判官と一緒に有罪か無罪かを決めさせ、有罪の場合はどんな刑罰(死刑とか無期懲役とか)にするのかも決めさせる制度です。

その場で直ちに決裁しなければいけないことがよくあります。女房から帰ってこいと電話が入ったらすぐ店に戻ってよいということなら応じようかと思うのですが。

裁判員に選ばれたら裁判が終わるまで付き合わされるのが原則です。奥様が亡くなったとかならともかく、決裁しなければならないことが突然出て来るというのは、自営業者なら当たり前のことですから、そういう条件なら出頭してもよいなんて言ってもとても認められません。

 

いくら零細企業でも私の働きは1日1万円以上になります。仕事を犠牲にするのですからその補償はしてもらいたいです。

裁判員の仕事は義務だから選ばれたら犠牲は覚悟で務めろというのが国の言い分です。日当はでますが、これは報酬ではないと説明されています。本来は義務なんだから大サービスだぞっていうことなんですよ。

 

商売上重要なことは私しかわかりません。はっきり言って裁判員どころじゃないのですが、仕事が大変だということは断る理由にはならないのですか。

断れる理由にはなりません。例外は「事業に著しい損害が生じたり、自分自身やまわりの人に経済上の重大な不利益が生じるような場合」とされています。でも、あなたはきっと「著しい損害とまでは言えない」とか「重大な不利益が生じるとまでは言えない」と判断されると思います。最高裁は、断れる例として、その月ナンバー1のホステスとか、確定申告時の小売業者とか、新規開店時の店長などを挙げていますが、あなたはどれかにあたりますか。

 

不景気で大変です。連日の出頭なんていったらたまったものじゃありません。裁判所に行っている間に不渡りが出たら、国は補償してくれるんですか。

補償してくれません。出るのは日当と旅費・宿泊費だけ。不渡りが出ないように準備しておく余裕がありますか。なければ余計なことは考えずにご商売に精を出されることでしょう。

 

夫婦で八百屋をやりながら老母の面倒を見ています。夫婦のどちらかが出かけても母を見る人がいなくなります。人に頼んだらそのお金はでるのですか。

裁判所は一切サポートしてくれません。介護している人がいるというだけでは辞退を認めません。「介護や養育をしなければ日常生活に支障がある同居の親族」がいるのなら辞退の申し立てができるとされていますが、あなたの場合がそれにあてはまるかどうか微妙です。なお、一時介護サービスの申し込みをしていて裁判員に選ばれなかった時には、キャンセル料もあなたの負担ですよ。

 

うちの会社は従業員に特別有給休暇を与える余裕なんてまったくありません。そんな制度なんか作らないと言ったら責任を問われますか。

政府、裁判所、弁護士会などは特別有給休暇の制度を設けるよう求めていますが、作らなくても責任をとわれません。うちはそんなもん作らんよ、で良いのです。

 

従業員が裁判員になるというのでアルバイトを頼もうと思うのですが、その費用は出ますか。

裁判員に選ばれた人以外には費用が出ません。裁判員の特別有給休暇制度がなく、従業員が有給休暇を取らずに休んだ時は、その日の給料を払うかどうかは事業主の判断にまかされていますので、理屈としてはその従業員を無給にした分でアルバイトを雇うことが考えられます。でも、それって本気でやる人いるかね。

 

自転車屋です。この界隈ではうちだけで、最大のお得意先は警察です。私が店を休んだら交番のおまわりさんが一番困ると思うのです。

おまわりさんは裁判員に選ばれないことになっています。交番のおまわりさんは、裁判員のことなど気にする必要もなく管内を走っていますね自転車は故障もすれば修理も必要になるでしょう。呼び出されている間店を休まなければならないあなたとしては、おまわりさんに迷惑をかけられないと言ったら、それなら辞退を認めてやるって言われるかも。いやらしいですね。

 

会社が大変なのをよく知っている従業員から、「裁判所から呼び出されたけれど行かなくてもよいか」と聞かれました。どう答えればよいでしょうか。

法律は「正当な理由」なしに行かないと10万円の罰が科せられると規定していますが、裁判員裁判が始まって依頼、行かなかったために処罰された人は1人もいません。だいたい、おかしな制度に「正当な理由」なんていわれてもねぇ、ってみんな思っていますから。

 

従業員が候補者として裁判所に行っていることを他の従業員に説明してもいいのですか。

法律は、裁判員候補者になったことを公にしてはいけないと言い、最高裁は、家族や親しい人、上司や同僚に話すのは問題ないと言います。あなたの事業所の従業員のみなさんの場合は微妙なところです。あなたが朝礼などで「今度、○君は名誉ある裁判員として…」なんて言ったら法律違反になるでしょう。「大きな声じゃ言えないが」とやりますか。変な制度ですね。

ページの上部へ戻る