活動紹介

トップ > 活動紹介 > 論文

書籍論文

裁判員制度に関する主な論文

(2004年以降のものを中心に)

判例時報

〔1810号〕
 2003年4月 裁判員制度案批判補説 大久保太郎
〔1825号〕
 2003年9月 裁判員制度立法化への根本的疑問(上)「裁判員制度について」の基本部分の検討 大久保太郎
〔1826号〕
 2003年9月 裁判員制度立法化への根本的疑問(下)「裁判員制度について」の基本部分の検討 大久保太郎
〔1848号〕
 2004年4月 裁判員制度法案に見る刑事訴訟法の堕落--裁判制度の根底に関わるこのような違憲規定は許されない 大久保太郎
〔1874号〕
 2005年1月 日本国憲法と裁判員制度(上) 西野喜一
〔1875号〕
 2005年1月 日本国憲法と裁判員制度(下) 西野喜一
〔1883号〕
 2005年4月「違憲のデパート」裁判員制度実施の不可能性(上)予想される制度の実態の考察 大久保太郎
〔1884号〕
 2005年4月「違憲のデパート」裁判員制度実施の不可能性(下)予想される制度の実態の考察 大久保太郎
〔1904号〕
 2005年11月 裁判員制度批判(上) 西野喜一
〔1905号〕
 2005年11月 裁判員制度批判(下) 西野喜一


現代刑事法

〔6巻5号 2004年5月〕
 特集 裁判員制度のゆくえ
  *裁判員制度の要件-選任方法、自体事由等を中心として- 田口守一
  *合議体の構成 大澤 裕
  *裁判員制度の合憲性 香城敏麿
  *裁判員制度への国民の理解と協力 植村立郎
  *裁判員制度における事実認定 中谷雄二郎・合田悦三
  *裁判員制度における量刑判断 原田國男


ジュリスト

〔1268号 2004年6月〕
 特集 裁判員制度の導入
  *《座談会》裁判員制度をめぐって 三井 誠・飯田英男・井上正仁・大川真郎・佐藤文哉・田口守一
  *法案提出に至る経緯と概要 辻裕教
  *裁判体の構成 安村勉
  *裁判員の選任・確保とその権限・義務 長沼範良
  *公判前整理手続 川出敏裕
  *裁判員制度の下における審判・判決の在り方 松本芳希
  *裁判員制度と検察官から見た訴訟追行の在り方 本田守弘
  *裁判員制度と刑事弁護 佐藤博史
  *裁判員制度と報道の在り方 椎橋隆幸


法律のひろば

〔57巻9号 2004年9月〕
 特集 刑事裁判における裁判員制度の導入
  *裁判員の参加する刑事裁判に関する法律の経緯と概要 安東 章
  *刑事裁判の充実・迅速化を図るための刑事訴訟法改正の経緯と概要 伊藤栄二
  *裁判員制度の導入と刑事司法 石山宏樹
  *裁判員制度への期待と今後の課題 池田 修
  *裁判員制度の導入と弁護活動-公判前整理手続を中心に 岡 慎一
  *裁判員制度導入の意義と課題 酒巻 匡


法律時報

〔76巻10号 2004年10月〕
  特集 姿を見せた刑事司法改革-刑事司法はどう変わるのか
  *裁判員制度と刑事手続改革 渕野貴生
  *裁判員制度と官僚司法-刑事裁判は変わるのか 守屋克彦
  *国民参加と裁判員制度 市川正人


法律時報

〔77巻4号 2005年4月〕
  特集 裁判員制度の総合的研究-裁判、民主主義、人権
  *《座談会》裁判員制度の可能性と課題 酒巻 匡・常本照樹・西村 健・守屋克彦・市川正人(司会)
  *裁判員制度と日本国憲法 笹田栄司
  *裁判員制度と刑事司法改革の課題―未決拘禁システム・適正な事実認定 中川孝博
  *裁判員制度と公判前整理手続―争点整理・証拠開示を中心として 鯰越溢弘
  *裁判員の負担・義務の正当性と民主主義 緑 大輔
  *裁判員制度と取材・報道の自由 松井茂記
  *裁判員制度と日本の民主主義 三谷太一郎


法と民主主義

〔399号 2005年6月〕
  小特集 裁判員制度を考える
  *裁判員法・刑事訴訟法の一部改正批判 石松竹雄
  *いわゆる国民の司法参加について--裁判員制度批判 織田信夫
  *「裁判員制度」は国民と被告人のために機能するするか 四宮啓


法の科学

〔35号 2005年8月〕
 ミニ・シンポジウム2=「改革」のなかの司法
        -中間地点における俯瞰
  *司法改革のイデオロギー-裁判員制度を素材に 新屋達之


法の科学

〔特別増刊号 36号 2006年6月〕
 「司法改革」の総決算-憲法の理念に基づく真の司法改革をめざして
  *裁判員制度の光と影 新屋達之
  *刑事司法改革と犯罪報道・世論との相互作用がもたらす適正手続上の問題-裁判員の予断、守秘義務を中心として 渕野貴生


法と心理

〔5巻1号 2006年8月〕
 特集[裁判員制度:制度の成立過程と法学的・心理学的検討課題]
  *裁判員制度と「法と心理学会」への期待 四宮 啓
  *裁判員制度の行方-市民参加で刑事手続はどう変わるか? 白取祐司
  *裁判員制度下での量刑手続の課題 本庄 武
  *裁判員制度が機能するための心理学的検討課題について 杉森伸吉


刑事法ジャーナル

〔4巻 2006年7月〕
 特集 刑事事実認定の現代的課題
  *裁判員制度下における事実認定の諸課題 宇藤 崇
  *裁判員制度と事実認定の課題 齊藤啓昭
  *裁判員制度と事実認定の課題 小島吉晴
  *「裁判員制度と事実認定」の課題 佐藤博史


書籍論文

ページの上部へ戻る