活動紹介

トップ > 活動紹介 > みんなの声

みんなの声

高槻市 寒川真紀

 近所に「裁判員になりたい」というおじさんがいます。「悪い奴にガツンと言ってやって、それで日当まで出るんやで」と。このおじさんは、日本で悪いことはすべて在日外国人のせいだという単純極まりない発想の持ち主。やっぱ変な人だけが裁判員になりたがるんやわ。こんな制度は早く廃止しないとだれのためにも、もちろん司法のためにもならへん。

京都 あいば真紀

 全国情報は回を追うごとにおもしろくなり、読み応えもありますね。
なんだか裁判員制度が廃止になるのがちょっと残念なくらいです(笑)。

大阪 水島かなえ

私の裁判員制度に対するなぜ?なぜ?に答えてくれる唯一と言ってよい冊子が『裁判員制度はいらない!全国情報』です。
 特に、ともべありさんのマンガ「インコのお山は今日も大にぎわい!」が掲載されたあたりから、読み物としても抜群におもしろくなったように思います。ともべさんのマンガ大好きです。
(編集部:「インコのお山は今日も大にぎわい!」は第10号に掲載です)

浜岡市 菜の花娘

 東電は東京地裁に社員名簿を提供して協力し、そのお陰で裁判員の模擬裁判ができた。裁判所と電力会社はずぶずぶの関係だから、住民訴訟は勝てない。全国の反原発運動に関わる人たちが裁判員制度に協力すれば訴訟に勝てるかもしれない?
 でも、そんなことはできない。
私たちが電力会社と闘ってきたのは、自分たちの健康や生活を守るため、そして子どもたちの未来を守るためであり、裁判員制度に反対する理由も同じだから。
生活をまもるため、子どもたちのためにもこんな制度を残してはならない。裁判は、高い給料をもらっている裁判官が、公正な訴訟指揮を行い、まっとうな判断を下せばよいだけの話だ。

東京 アンジェリーノ

 裁判員制度はもうすぐ終わりになるでしょう。最初から無理のありすぎる制度でした。でも、最高裁をはじめとする司法の真の狙いは、公判前整理手続きや被害者参加制度の導入にあったのではないか、制度が廃止になってもこれらが残れば、結果オーライと思ってるのではと疑っています。
裁判員制度廃止後も公判前整理手続きなどが残るのはお断りです。そのためにも制度廃止後を見据えた運動を、今後は展開していく必要があるでしょう。

東京 花房愛理華

 東電が東京地裁に「裁判員の模擬裁判にどうぞ」と社員名簿を差し出していたことを知ってビックリ。そういう関係だから、原発差し止めとかの住民訴訟勝てないのね。でも、こういうのって形を変えた収賄とか出来レースとかって言わないかしら?

神戸 匿名

 最高裁が3月28日から被災地でも裁判員制度を再開するという報道を聞いて、怒りに震えました。
 私の友だちは結婚して宮城県にいます。昨年暮れに「裁判員候補者に選ばれたという変なダイレクトメールが来た」というメールが届きました。
 今回の震災で彼女とも彼女の家族ともまだ連絡がとれていません。あの神戸の大震災を生き抜いたのだから、きっとどこかで生きていてくれると信じています。
 最高裁は、被災者の安否もわからず、生活の再建をどうするかも考えられない状況の中でも無事だった者は出頭して人を裁きに来いというのですか。被災者やその人たちのことを心配する私たちの神経を平然と逆撫でするなんて、どこまで冷酷無比、無神経な人たちなんでしょう。

東京 深沢啓太

 荒川区に住んでいる。とても計画的とは思えない計画停電で23区内でも特別に停電する地域だ。金持ちや財界人が住むわけでなく、超がつくほどの下町。東京湾を津波が襲えば確実に被災すると言われている。だから計画停電に狙われたのかと僻みたくなる。
 水道水からヨウ素が検出されても、水道水以外が手に入らなければ乳児でも水道水を飲めという。日々の糧にも困るような者はたとえ水を売っていても買うことはできない。どこまでも貧乏人には優しくない政治だ。
 裁判員制度は、弁護士や法学部の教授を裁判所と対等に渡り合える専門家だから外した。国会議員は自分たちを免除した。庶民だけがなんでも苦労する差別構造ができあがっている。
 今回の震災でこの国の土台(政治)が腐りきっていることがよくわかった。腐った土台を支える腐りきった司法。その手先にされる裁判員。すべてをぶっ壊さなければ庶民は幸せになれない。

千葉 黒ネコのガキちゃん

 未曾有の震災が襲う前から菅政権の支持率は2割。そこへ大地震が襲い、原発事故が起きた。元々、8割の国民は菅政権を信用していないのだから、官房長官からいくら「そんな大した事故ではないんだよ。安心してね」と言われても大多数の国民は信用しない。だから買い占めが起きたのだ。
 裁判員制度も同じだ。「市民参加」だのとお上が言い出すことの胡散臭さ、信用のなさ。だから8割の国民が「裁判員制度はイヤだ」と言っているのだ。
 原発事故も情報隠しも裁判員制度も、そしてこれらをまともに報道しないマスコミにも何もかもにうんざり。

函館市 加地美玖

 最高裁長官は憲法記念日談話で被災地の裁判員には「過度の負担を求めないようにしたい」と言ったそうですが、裁判員制度の存在自体が過度の負担なんです。被災地だけでなく、私たちみんなにとって!

札幌市 荒木郁

 世界を震撼させる事故が起きても、一度動き出すと自らは止める能力がないものなのか。いや、そういう自浄能力や謙虚さがないから大事故を起こすともいえますね。裁判員制度も一緒。国民の8割がイヤだと言っている迷惑極まりない制度なのに止めようとしない。自ら止められないなら、私たちみんなの力で止めるしかない。がんばるぞ!

東京 インコママ

 竹崎最高裁長官は元から貧相なお方どしたけど、5月2日のテレビを見たら一段と貧相にならはってて、なんぞ悪いもんに取り付かれてるんやおへんか。もっとも、うちらの方が裁判員制度という疫病神に取り付かれてますねんけどなぁ。なんにせよ、竹崎はん、どうにもならんもんを「おおむね順調」やとか嘘つかはったりして…。もうこれ以上、晩節を汚すんは止めにしよし。 

東京 高木郁子

菅総理は「30年以内に東海地震が起きる可能性が80%ある」との理由で浜岡原発停止を求めました。だったら、今、現時点で国民の84%が「イヤだ」「やりたくない」と言っている裁判員制度は即刻廃止すべきでしょう。

東京 太郎冠者

 有楽町で「裁判所に呼び出されても行かない人がほとんど。処罰された人は一人もいません」とマイクで言っていたので、その隣で署名を集めている女性に「本当ですか」と聞いたら「そうですよ。これ読んでください」と『全国情報』とビラを渡されました。裁判所からの呼び出し状を受け取って悩んでいる弟に早速手渡しました。

東京 次郎冠者

 裁判なんて人ごとだと思っていたのに、呼び出し状が届いて、出頭しなきゃ罰金とか書いてあるのでビクビクしていました。でも、兄貴から『全国情報』をもらい、ホームページも見ました。「ひとりの拒否をみんなの拒否に みんなの拒否は制度の廃止」で、勇気が出ました。

東京 裁判員候補者 男性

 宝くじはかすりもしないのに、二年連続で裁判員候補者名簿に登録され、そしてしまいには呼び出されるという!しかも転職したその前後というのだからまるっきり酒のネタ以外の何ものでもないです(笑)
 何らかのきっかけで、例えば私の仕事IT業界ですけど、情報処理試験とか会社間の契約とかで、法律にちょっとでも触れれば誰でもわかると思うんですよね。法律の運用って、論証力と法律の知識と経験と切返しの世界で、はっきりプロの世界だって。プロ同士がそれらを駆使して攻防して、プロが判定するから回るんで、法理もろくに知らない私なんかお茶汲みにしかなりませんよ(笑)
 何だったら、重篤な患者の病状を診断する会議に私を参加させますか?医師3人と素人6人の合議制で。手術の患部の摘出の最後の一刀も医師に手を添えられながら私にやらせます?
「医療に対する理解が深まって今回はいい経験したなー。」。
「でしょ~、これからも手術員制度をどんどん広めていきますよ。はい、そこのあなた今回当たったから病院に出頭ね、嫌だ? 関係ないです、法律ですから。来なかったら過料10万円、これ国民の義務です、義務ですからぁ!」 なんていうことになるわけないから!(笑)


1234567891011

ページの上部へ戻る