活動紹介

トップ > 活動紹介 > みんなの声

みんなの声

江東区 大島勇樹

 平成21年5月21日から始まった裁判員制度ですが、導入のきっかけは、国民にとって理解しやすい裁判を実現することができると考えられ始まったと聞きました。はたして、実際そうでしょうか?
 裁判員に選ばれた特定の方のみが理解し、一般国民はあまり効果がないように思います。
 そもそも裁判を国民にわかりやすくする必要があるのかが疑問です。
 刑事事件の中には、私たち一般国民の想像をはるかに超える凶悪な事件があります。もし、そういった事件の裁判員に選ばれるとしたらどうでしょう?
 今までの生活とは無縁の出来事を見せられ、理解しなければなりません。そのうえ、被告人を裁かなければならない責任と重圧は、多大なものになるでしょう。
 一般の素人の方々が、少しの勉強をしただけで、はたして正しい裁判が下せるとは到底思えません。自分の出した判決に苦しむことはないのでしょうか?
 アメリカなどは裁判員制度ではなく陪審制度なので量刑は裁判官が決めるそうですが、それでも自分が有罪にした責任を感じ自殺をした人がいると聞きました。
 私がもし、裁判員に選ばれると考えると、とても嫌です。やはり何年も法律に関わってきて、色んな判例も把握している裁判官の方のみが、裁判にかかわるべきだと考えます。
 よって、私はこの裁判員制度に反対し、早く廃止されることを望みます。

港区 立川久美

 これまで精弱の息子を献身的に世話してきた老人が暴力を振るい続けられ、殺されそうになり殺してしまったというような気の毒で気の毒で仕方のない事件で実刑判決を出している。高齢の再犯の可能性もない老人に懲役刑を科す必要があるのか。また1人殺して死刑にするとか、あまりにも重罰化が進んで唖然とするばかりである。裁判員制度によって、市民は重罰化に利用されているだけではないか。

練馬区 高田賢治

 例外はあるものの、裁判員に選ばれた場合、半ば強制的に参加せざるを得ない。
 時間的な拘束がある。
 裁判内容が、精神的にかなり重い場合でも(受取方によって個人差はあるが…)、裁判の途中で退く事もできず、1度関わってしまえば、いくら辛くても身内にさえ話せないので個人的に抱え込むしかない。
 殺人等、凶悪犯罪の裁判に当たってしまった場合、被告人に不利または重い判決が下った場合、後で復讐等嫌がらせを受けるのでは?と不安な日常を送らなくてはならない。
 以上、私が考える裁判員制度の問題点である。

名古屋市 竹内彰一

 市民は、裁判官の監視にあたるべきであって、一緒になってわいわいやるものではない。裁判官にとって素人の誘導などお茶の子さいさい。
 そもそも裁判官の恣意性が問題になっているのであって、文書をきちんと読ませないような裁判は無意味。裁判官の抜き打ち読解試験をしたほうがはるかに良い。
 裁判は公開です。にもかかわらず、審理を簡単に済ませる手段は非公開の公判前整理手続き。ガチガチの出来レース仕込み手続き。密室八百長、冤罪醸成の制度化以外の何ものでもない。
 マスコミ報道は「死刑は辛い」のオンパレードだが、「私刑は辛い」と言うべきで、世論を取り入れることと裁判員制度は全く違う。予断を排すべきといいながら、裁判員の私的な予断を利用して裁判官の過誤の責任を転嫁する方便にしている。
 裁判員制度の実態は手抜き審理と権力への盲目的な追従であり、裁判員裁判は裁判不要論を意味する。

千代田区 深田じゅん

 3年目の見直しが近づいている。性犯罪を外せとか覚せい剤はなじまないとか、さらに死刑判決は全員一致でとかあるようだが、結論は一つ。廃止しかない。小手先で誤魔化すな。

大阪市 裁判員制度いらないに全面同意

 Twitterを見て、YouTubeを見て、大運動のHPにたどり着きました。すごいです。高山弁護士の演説もすごいけど、大運動にも感激しました。私も制度反対にもっともっと声をあげていかなければならないと思っています。
(高山俊吉弁護士は、大運動呼びかけ人の一人です)

広島市 核も裁判員制度もいらない子

 インコのTwitterがRTされてきて、大運動のHP見ました。最初、見出しに「51年目のスイッチ」とあるのを見て、51年ぶりに演説をされたのかと勘違いしてしまいました(笑)。そんな訳ないですよね。
 高山先生に最高裁長官になってもらいたい。いや、日本の総理になってもらいたい!そうすれば裁判員制度も原発も即時廃止ですよね!!

東京 鷹田愛香莉

 裁判員制度はもうどうしようもなく破綻していること、最高裁も法務省もわかっているはず。わかっていても止められない。
 福島原発の事故で、もう原発政策は無理だとわかっていても止められない。新たに地下につくろうなどと言い出す。原発は利権があるんだと簡単に推測がつくけど、裁判員制度はなぜ?
 つまり、利権のある原発を推進するためには、反対する市民の声を抑えなければならない。そのためにはお上の心を育てる裁判員制度が有用とこういう訳ですね。
 私たちを利用して、踏みにじるだけの制度は絶対に許さない!

北海道 友野まゆみ

 今回の原発事故ではっきりしたことは、この国は国民を守らないということ。経団連は金儲けしか頭になく、政治家は権力闘争に明け暮れ、暫定基準値wどんどんあげて内部被曝を促進させている。病気になっても因果関係が立証できないで、結局は棄民政策が取られる。
 国が国民を守らないなら、国民もこんな国の法律を守る必要はないんじゃないか。
 裁判員制度はこんまくそ食らえの国の手先に国民をさせる制度。出頭しなくても罰則されないんだし、みんなで拒否しよう。こんな国の手先になるのは止めよう。罰則されても私は行かない。

新潟 中尾恵美子

 Twitterを見て、ホームページを見ました。今までずっと反対運動を続けてこられていたことに感動しています。制度が実施されたら諦めるかなし崩しに定着するものなのにそうなっていない背景がわかりました。私もスイッチを入れます!

東京 和田智道

 単純な疑問として裁判に法律的知識が全くない素人が強制的に参加させられることの必要性がどこにあるのかということ。このような苦役を強いることは憲法の規定に反すると思う。受ける側が苦役と感じれば、それは苦役なのではないでしょうか。

千葉 梅沢定生

 こんな制度はすぐ止めるものです!裁判官は民間で数年研修してから、仕事に就くべきです。また、原発を認めた責任もとるべきです。

東京 入倉卓志

 裁判日程表は分刻みではなく秒刻み。合理的疑いに気づいても、対策をこうずる時間は与えられない。公判前整理手続きの結果、弁護人の力量により裁判は左右され、真実は発見され難い。
判決に裁判員の名前を書かないのは、裁判員に判決を説明するだけの能力がないから。裁判員に危害が及ぶというのはウソ。

宮城 匿名

 初めは、社会性の乏しい職業裁判官より、一般市民の方がまともな感覚を持ち合わせているはず、と思っていたが、全くおおいなる間違いだった。
 昨年2月、石巻市で起きた少年による殺人事件で、11月25日、裁判員たちは躊躇なく「死刑」と断罪した。わずか4~5日の協議、少年法の理念もへったくれもなかった。ずっと傍聴したが、信じられないくらい不公平な裁判だった。被害者代理人が検事側に2列に居並び、ほとんどの時間を、被害者側主張のために使われ、そこは死刑判決を出さなければ、人間じゃないという空気に支配されていた。


1234567891011

ページの上部へ戻る