活動紹介

トップ > 活動紹介 > みんなの声

みんなの声

このページ以降は、『裁判員制度はいらない』の著者・高山俊吉弁護士から提供された同書の読者感想文の中からご紹介します。)


苦しむ人々をさらに苦しめる

 このような魅力的な本が出版されているのを知らなかった。内容も自分の思いが代弁されていて、読み応えがあった。有給もとれず長時間労働が横行し、満足に余暇も楽しめない人が多いのにそこにさらなる義務を課する。国民に説明責任も果たさずいきなり出してくる。納得できない。(神奈川県藤沢市・1979年生まれ・男性)

実施を当分延期して

 よくここまでと思うほど書いてある。大変勉強になった。市民にも、司法関係の人、政府首脳部の人、国会議員にもぜひ読んでほしい。この制度ははじめに戻って考え直すべきです。実施を当分延期して。(名古屋市・1924年生まれ・男性)

今どうして

 大変わかりやすく説かれている。今どうして裁判員制度を設ける必要があるのか。まったく不要の制度だと思う。(埼玉県新座市・1936年生まれ・男性)

郵政民営化に通じる

 裁判員制度はいらないと考える。郵政民営化と同じ21世紀最大の悪い制度。(愛知県稲沢市・1942年生まれ・男性)

戦後最大の悪法

 よくぞ出してくれた、快哉を叫ぶ。著名人の主張を集めた第二弾を望む。裁判員制度はただただ国民を苦しめる戦後最大の悪法。まともな人が考えればことごとくあからさまに憲法違反。ということは憲法を楯にすれば国民はこの悪法に勝てるということでもある。安倍政権は憲法を変えようとしているが、憲法を 死守することでこの悪法を一掃したい。(福岡県飯塚市・1953年生まれ・男性)

まだ遅くない

 関心があり、何回か裁判員制度の説明会に出席していたが、苦役や義務化に触れた説明はなかった。法務省や裁判所主催では当然か。本書の指摘はもっと早く市民が知るべきことだったと思う。でもまだ遅くない。国民の一人として私はこれから反対していくことにした。(神奈川県大和市・1950年生まれ・男性)

違憲の疑い

 反対。憲法違反の疑いある制度だ。日本には定着しない。(鳥取県米子市・男性)

徴兵制への伏線か

 意に反する苦役。憲法18条違反なのに国会全会派一致。そしてメディアも触れない。徴兵制への伏線だろうか。良心的兵役拒否はここにも通用するのではないか。

赤紙

 扉の赤は赤紙の赤。まことに赤紙の感覚です。(東京都杉並区・1938年生まれ・女性)

人を裁くな

 人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる「聖書マタイによる 福音書」。(1967年生まれ・女性)

責任

 一般人には難しい。人を裁く責任をどうとるのか。(横浜市・1942年生まれ・男性)

プロの仕事だ

 飛行機の操縦はパイロットがするように、法廷で重罪人を裁くのは職業裁判官の仕事。強制されてもできない。冤罪が出たらどうするか。ペナルティーもあると聞くが、民主主義の国がすることか。(東京都八王子市・1937年生まれ・男性)

国民置き去り

 制度の内容がよーくわかった。権力者の意図を世の中の人は何も知らずにいる。議論も説明もなく誰も望まぬ法律を水面下で巧妙に作るとは国民置き去りの恐ろしい国だ。

美句を並べても

 国の主人公の関与、健全な国民常識の直截の反映、司法に対する理解の増進と信頼の向上等々。「美句」を百万遍述べても、制度の必要性の説明にはならない。(神奈川県小田原市・1928年生まれ・男性)

官の「啓蒙運動」の怪しさ

 たいへん説得力のある論文。裁判所などの主導の下に行われている「啓蒙運動」。教育基本法の「改正」とどこか共通点があるような気がしてきた。撤回 するなど考え直してほしい。(横浜市・1931年生まれ・男性)

誰の金で

 とんでもない陪審をアメリカから借りてきて、これが民主的で責任ある個人の役割であるなどとご託を並べている。ケータイの勧誘のような広告を全国紙 に打つ金はどこから出ているのか。マスコミがなぜもっと反対しないのか。(福島県河沼郡・男性)

本のキャンペーンを

 天下の悪法。民氏主義の崩壊。各書店でもっとキャンペーンを。(さいたま市・1945年生まれ・男性)

反対のアクションを

 いかにして反対のアクションを起こすか。アドバイスや情報をいただければありがたい。(東京都品川区・男性)

私なりにできることは

 参議院の5倍以上の1票の格差にも意見が言えない司法の現状は大問題だが、裁判員制度で良くなるとはまったく思えない。軽薄な世論に押されて死刑を 宣告したように思える事件も起きている。制度の見直し、撤回に向けて私なりにできることをしたい。(横浜市・1956年生まれ・男性)

読書会を

 裁判員制度について軽く考えていたのでびっくり。あらためて主権を自覚した。友人に勧めたのがきっかけでこの本の読書会をすることになっている。(神奈川県相模原市・女性)

ハガキを送ろう

 一介の市民のレベルで国に蛮行をやめさせることができるのか、どこかに皆でハガキを送れば大きな力になるのかなど、思う毎日です。(東京都世田谷区・女性)

粉砕すべし

 憲法違反の希代の悪法。代用監獄の廃止、自由な接見の保障、裁判の公開、裁判官選任の方法の改革などやることがいくらでもある。「因らしむべし知ら しむべからず」の典型だ。断固粉砕すべし!(千葉県柏市・1946年生まれ・男性)


1234567891011

ページの上部へ戻る